アプリのプッシュ通知をオンにされている方は結構多いのではないでしょうか?その裏では、アプリの管理者達が試行錯誤してプッシュ通知を送っているんです。

例えば、受け取った人が開いてくれるような内容はどのような文章か、どのタイミングで送ったら開いてくれるのかなど。あまりプッシュ通知が多くても私達はアンインストールしてしまうし、興味のない内容が続いたら尚更。

しかし、送るのをピタリとやめてしまっても、アプリを開かなくなり、アンインストールしてしまう事ってありませんか?その絶妙なバランスを保つのは本当に難しい事です。

アプリを初めて起動した時に、設定画面が出てきてその時にオンにするのではなく、自分でプッシュ通知をオンにしたアプリは継続率が高く、起動回数も高いことがわかっています。

他にも、どのような内容なら開きたくなるかなどが実験されており、多かったのが「割引クーポンの内容」「セール情報」「ポイント倍増」がトップ3でした。それ以外でも、受け取ったユーザーが必要だと感じた内容ならば開きますし、自分の名前が含まれていたら気になって開く人もいるようです。

メリットは他にもあります。心理学用語にザイオンス効果という言葉があり、日本語では単純接触効果といいます。これは、人が接触する回数が増えると接触したものや相手に対して好感を抱きやすい傾向になるという効果です。プッシュ通知には様々な意味や狙いが込められています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *