アイドリングストップ機能は信号待ちなどで停車した際に自動的にエンジンをストップしてスタート時に再びエンジンを始動させるという燃費や環境に配慮した優れた機能ですが、その一方で始動のたびにリセットされるため発進が遅れて渋滞時に後方の車列に迷惑をかけてしまったり、エンジンが停止するとエアコンの冷却能力が一時的に落ちてしまうなどの弊害もあります。

それを防ぐためにはアイドリングストップキャンセルスイッチを押すことで解決できますが、毎回自身が手動で押さなければなりません。また、ハイブリッド車の場合も毎回パワーモードを使用したいにも関わらず始動のたびにリセットされ、こちらも手動でパワーモードスイッチを押さなければならないなど不便を感じているユーザーも少なくありません。

そんな問題を解決するためにユーザーの代わりに自動的になってスイッチを押してくれるのがオートプッシュキットの存在です。オートプッシュキットをアイドリングストップキャンセルスイッチやパワーモードスイッチの経路に組み込めば、エンジンが始動したのを検知するとスイッチを押した際に発生するのと同じ信号を送出するエレクトロタップによりアイドリングストップ機能を自動でキャンセルした状態にしたり、始めからパワーモードにすることができます。

オートプッシュキットによって毎回手動でスイッチを操作する煩わしさから解放され、快適なドライブを楽しむことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *