インターネットで情報を探す際に、目的のサイトにアクセスするためには時間がかかることがあります。

情報を得るために最も簡単な方法は、キーワードをもとにいくつかの候補から情報を選択する方法です。キーワードの情報はサイトを閲覧した人が欲しがっているものやサービスに直結させることができるために、企業側から見ると条件よい見込み客となります。パーソナライズは閲覧者が検索した言語や興味のある内容から候補となる広告や記事を表示させることで、見込み客をさらに利用者にすることができます。

パーソナライズは不特定多数の利用者に対して同じ広告や記事を表示させるだけでなく、個別の年齢や性別や趣味をもとにした特定の情報を与えることが可能になります。個人に向けに選択された広告は利用者の興味があれば、商品の注文やサービスの利用などすぐに成果の出る場合もあります。

知らない間に新商品が販売されているなど身近に情報を得られるメリットが利用者に出てきます。広告だけでなくパーソナライズはあらゆるサービスにも取り入れられており、買い物時の会計前に類似品や関連商品を表示することで、買い忘れや追加購入を促すことができます。動画サービスなどにも履歴に基づいた内容の動画を紹介し、利用者の興味をさらに広げることに役立ちます。

ニュースサイトなどの閲覧の際に、キーワードに基づいた広告表示が一般的で、利用したサイトのキーワードに基づいた広告表示なども利用者にとっては情報を得る最短の方法にもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *