マーケティングオートメーションとは、企業のマーケティング戦略において従来は手作業で実施していた定型的な業務や、手作業では莫大なコストと時間が必要になる複雑な処理や大量の作業を自動化して効率良く作業を進めていく仕組みのことを指します。

また、そのような作業を自動化できるソフトウェアやツール自体を指す場合もあります。マーケティングオートメーションを導入するメリットとしては、まず一部の業務を削減したり自動化ができることが挙げられます。現代では情報収集方法や購買の過程が変化していることから、ユーザー一人ひとりに合わせた情報提供や継続的なコミュニケーションが必須となります。そのため、ユーザーの動向をチェックしたり市場情勢を調べる等の膨大な作業をこなす為には、作業を自動化することが必要になったというわけです。

次に、データ等の統合管理が可能になるというメリットが挙げられます。営業やマーケティングでは様々なツールからエクセル・名刺に至るまで、見込み顧客情報やマーケティングデータ等の管理がバラバラになってしまうことがあります。しかし、マーケティングオートメーションツールには統合管理が出来るものやツール同士の連携が可能なものが存在し、統合的な管理と施策の実施が実現できるのです。さらに、見込み顧客の状況に合わせた対応が出来るようになるのも大きなメリットです。

例えば「広告を見ていてなお且つキャンペーンメールを見た人にアプローチする」ことや「商談は行ったが受注に至らなかった人でトライアルページを見た人にキャンペーンメールを送る」というような営業活動とマーケティング施策を連動させることも、マーケティングオートメーションを活用することで実現させることができます。このように、業務上の負担を減らして様々なメリットをもたらすマーケティングオートメーションは、今後ますます注目される存在となりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *