多くの方がスマートフォンを利用している環境となっている現在においては、アプリを活用した店舗広告は有効な手段のひとつとなっています。

特にサービスのターゲットが20代から30代の場合には、効果的と言えるでしょう。アプリを利用した店舗の宣伝方法は複数ありますし、また提供しているサービスによっても違ってくる傾向があります。宣伝方法としては、多くの方が利用しているお店検索などのアプリに加入することで、店舗を宣伝するといった方法があります。これは、例えば飲食店や美容院などのサービスを提供している場合利用できる方法で、複数のお店が登録されているなかの一つとして、選択してもらう手法です。

この方法のメリットは、多くの方の目に留まる可能性があることや、自分で集客を行わなくてもすでに多くの方がダウンロードされているため、手軽であるといった部分となります。ですが、多数のなかの一つとして埋もれてしまう場合があることや、掲載してもらうための支払いが発生するといった側面もあります。

それとは別に、店舗専用のアプリを開発して提供するといったことも方法のひとつとしてあげられます。この場合、自社のサービスを希望されている方に、ピンポイントでお得なキャンペーンを展開できるほか、リピーターを増やせるなどのメリットがあるでしょう。ですが、開発費用が必要となることやダウンロード数を増やさなければメリットが低いなどの問題点もあげられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *