インターネットが普及し、多くの人々がスマホやタブレットを持ち歩き、そこから情報を得ながら生活するようになりました。

スマホには、たくさんのアプリが提供されていて、天気予報や鉄道の運行状況を知ることができるなど、その機能は実に多彩です。これを上手く運用すれば、店舗の集客に利用することもできます。ネット上に自分たちの店舗のサイトを作成している企業はたくさんありますが、店の場所や売り場の商品を告知するだけでは集客率の上昇は望めません。それらの情報に加えて、アプリも運用することで利用者の増加が見込めます。

たとえば、多くの店舗で提供されているサービスの1つにポイントシステムがあります。来店あるいは買い物をする度に、利用者にポイントが蓄積され、ためたポイントを使って買い物ができるというものです。このポイントシステムに使用するポイントカードをアプリの機能に含めるのが1つのアイディアです。利用者はカードを紛失することが無くなり、カード忘れなどによってポイントが加算されないということも無くなるため、来店するリピーターが増えます。

また、雑誌の広告やチラシなどでセールや特売品の情報を提供しても、リアルタイムな情報ではないため、利用者が来店したときにはセールが終了していたなどということもあります。その点、アプリで特売日、目玉商品といったものを告知すれば、利用者は常に最新の情報を参照して来店できるため、買い物に対する満足度も高くなります。利用者がほしい情報をほしいタイミングで提供する。これが、店舗の集客率を上昇させるアプリ運用の秘訣です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *