店舗の売り上げを増加させるためには、工夫が必要です。

集客効果が高いマーケティング方法を考えましょう。少子高齢化社会の到来によって多くの地方の店舗が、売り上げ減少に頭を抱えています。既存の集客方法だけでは頭打ちになりやすいです。チラシを配布する、地元新聞に広告を出す等、これらのマーケティング方法は定番の方法ですが、現代の環境を考えた場合、実は費用対効果が悪く、思った通りに店舗まで客足が伸びません。地方の店舗でも上手く集客を成功させている事例があります。インターネットを積極的に活用する事がそのポイントです。

若い経営者を中心にSNSやBlogなどを積極的に活用する動きが目立って来ました。これらのメディアは誰でもいつでも気軽に作成可能です。地方の個人経営の店舗でも、僅かな労力と手間で高いアピール効果が得られるのが利点です。SNSは特に若い世代が最もよく接触するメディアとなりました。

折込チラシを配布したり、テレビCMを打つよりも実はSNSのアカウントを取得し、そこでセールやキャンペーンの情報を流した方が、若い世代への集客効果が高くなります。地方の名産品やB級グルメ、ご当地限定のマイナーなスイーツ等、今までは地元民向けのアイテムが、SNSを通して世界中の人々に拡散され、空前絶後の大ヒットになる事例が増えてきました。県外の消費者や外国人観光客の誘致も出来、これからはネットをどう活用するか、それが地方ビジネスの明暗を分ける事になりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *