今はメディアもアプリで見られる時代になったと考えて良いでしょう。

特にこれからは様々なメディアを見ることで自分の考え方を広げていく事が大切になる時代でもありますから、一つのメディアに固執をすることなく広くアプリを利用して情報を獲得することが大切だという事が言えます。既にオールドメディアと言われるようなところが様々な偏見による報道をして来たことが明らかになっていて、一つのものに情報を任せてしまうとこのようなとんでもない事になるという事が明確になってしまいました。

最近は若者世代がメディアアプリで情報を獲得するのに対して高齢者は相変わらず新聞やテレビを情報源とするのでこの情報の乖離が目覚ましいものとなっているという事があります。世代間格差という事になるわけですが、この問題のややこしいところは高齢者の方が正しいという認識を持っている所で、既に自分たちの考え方が間違っているという事に気が付かない所にあるという事でしょう。

若者は常に様々な情報源を持っているので幅広い認識をしているのですが、高齢者がこの認識の邪魔をしているというのが今の時代の特徴的なところという事になっています。既に情報量の差で大きく若者に負けているのですが、それを認めるとこれまでの自分が否定されているような気分になるのかもしれません。そのため、今は多くの情報に常に接している人とそうでない人とで大きく差が開いてしまっていて、その差が縮まる事は無くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *