ECサイトを作ったとしても、そこに人が厚真無ければ意味がありません。

どれだけ良質なコンテンツを作っても、それを見てくれるユーザーが存在しないと全く意味がないからです。実際に、こうした問題に関連してサイトの直帰率というものが問題視されています。直帰率というのは、特定のサイトにやってきたユーザーがほかのページに行かずにそのまま帰ってしまう割合のことを意味します。

ページ内に良質なコンテンツがあっても、他のページを見てサイトの評価の判断を下すユーザーも存在しており、そうしたユーザーに対しては正しいサイトの情報を提供しなくてはいけません。ECサイトの人を集めるためには、こうした問題点を解決するための専用のアプリが必要になります。実際に、ECサイトのために提供されている専用のアプリには、ユーザーをなるべくサイトに滞在させるための工夫がされています。

これは、数字にも直接的に影響を与えている現状です。例えば、通常の方法でサイトにやってきた人たちと専用のアプリを利用してサイトにやってきた人たちを比較すると、全体で数十倍以上の滞在時間の差が生じていたことが分かっています。つまり、やってきたユーザーがそのまま帰ってしまうという状況を抑えることが出来ているわけです。この大きな役割を果たしているのが、アプリに存在しているプッシュ通知の機能です。プッシュ通知の開封率は非常に高く、そこからきた人たちが買い物をして利益を上げることに繋がっていることがわかっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *