スマートフォンアプリをインストールすると、アプリを起動していなくても通知が表示されることがあります。

例えばニュースアプリの最新記事通知やSNSのインプレッション通知などですが、こうした通知をプッシュ通知といいます。アプリの開発・運営者にとって、プッシュ通知はユーザーに能動的に情報を提供できる手法の一つです。メールマガジンなどによる情報通知と比べて利用者に情報が届く速度が速く、開封率も高いので、多くのアプリがプッシュ通知を行っています。

しかし逆に利用者が迷惑に感じるような頻度でプッシュ通知が行われると、通知を切られたり、最悪の場合アンインストールされてしまう場合もあります。利用者数や利用頻度の向上のための機能ですが、逆に顧客を失う危険性もある機能なのです。適切な通知頻度やタイミング効果的なプッシュ通知を行う手法として、セグメントプッシュという方法があります。セグメントプッシュとは、利用者の属性毎に分類して特定の利用者に対してだけ通知を行うことです。

例えば住んでいる地域や趣味、使っている携帯キャリアなどの属性によって、利用者に関連する情報だけを選別して通知するようにするのです。通知の内容は利用者にとって有益であれば、利用頻度も向上し、アンインストールを防ぐことができます。また長期間アプリを起動していないという属性に基づいて、休眠利用者を呼び戻すといった場合にもセグメントプッシュは有効な方法になるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *