不特定多数への情報発信とは変わって、消費者個人にマッチした情報発信をすることで、より高い購買層の掘り起こしが可能なのがパーソナライズです。

マーケティングの手法としてはより高い可能性を持つ個人へのアプローチを強めることで、顧客へも必要とされるより質の高いサービスや商品を紹介できます。広告や検索結果のマッチングは、主に個人が使用するキーワードによる違いがもたらされるために、場合によっては個人が求めている情報とは異なったものが表示されることもあります。

企業側が収集する情報は個人情報に近いものになり、ユーザー登録などによってさらに正確な個人情報を得ることで、パーソナライズもより深化したものになります。個人情報というと慎重になる人もたくさんいますが、自分が必要な情報を効率良く得るためには、信頼できる企業に対しては開示する人もたくさんいます。たくさんのメリットが得られる半面、企業は個人情報の収集についての説明を十分に行って、消費者の不安を取り除くことも必要です。

パーソナライズは商品者個人の趣味や嗜好のすべてを把握した接客スタッフを想起させます。消費者全ての興味が理解できて、それに対するアプローチができるスタッフがたくさんいるわけではありません。接客や品ぞろえなど、すべてが消費者個人を満足させる店舗であれば、見込み通りの売り上げの確保も可能です。実店舗のよいメリットを生かしたマーケティングは、インターネット上ではさらに深まりを見せる手法になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *