個人や企業などがソフトウェア制作に取り組んだ活動実績を示すものとして、アプリ開発事例というものがあります。

このような情報の公開は、ソフトウェア制作を行った側の実績や実力を周りに広く知ってもらうことにより、社会的な信用や経済的な利益を得る機会を得る目的の為に行われています。その他にも活動実績や業務内容紹介などの中でも、同様の取り組みがなされる事があります。アプリ開発事例を公表する時にこんな風にしないといけないという決まりごとは特にないのですが、一般的にはそのソフトウェアの販売実績や市場占有率、販売時期と対象ハードなどが公開される事が多いです。

画像や映像等を扱う分野では、それらのスクリーンショットなども同様に公開の対象になる事があります。具体的な例としてゲームに関するアプリ開発事例の場合は、どのような分野のゲームで作品の雰囲気はどんなものか、対象ハードはどのゲーム機器で提供されたか、販売実績はいくらになったか等が紹介されます。近年ではネット環境の発達により、ネット上の動画サイトなどでもこれらの情報が公開されるようになってきています。

アプリ開発事例に関する情報はこれ以外にも、個人や企業が公開しているホームページや業務内容などからも情報を得る事が出来ます。それ以外の利益目的外のアプリ開発事例としては、学校などの教育機関が公開する情報があります。企業などが行う場合よりも小規模で地味な傾向がありますが、学習の成果を知ってもらうためや就職などの機会に役立てる目的のために行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *