アプリの作成は様々なツールや仕組みが整備されるようになり、プログラミングの基礎も無料サイトや格安プログラミングスクールがあり、個人でもアプリの作成をする環境が充実してきています。

まずアプリを作成する前には、ユーザーの立場に立って目的を明確化して利便性やユーザー側の悩みを解決できるかなどを見極めることが必要です。スマホユーザーは日常で平均10個以上のものを使っていて、1ヵ月に30個以上使われている中で生き残っていく必要があり選ばれるためにも「誰・どんな悩みを解決したいか・効率的や効果的か」などを徹底的に追及することが大切になります。

アプリ作成をした後もユーザーに利用して貰いながら定期的な収入も無いと存続していくことが出来ないので、有料ダウンロードコンテンツの挿入、アプリ内に広告を表示させてクリックをして貰い収益が発生することが出来ます。また機能の購入化や継続的にユーザーも便利に利用出来るような定額課金など自分がどれで収益を得たいかを決めます。

コストを確認して問題が無ければ、基本設計を行ってラフ案などを出していきます。画面構成・画面遷移・機能など理想的な形を求めて開発を進めていき、完成したら動作確認を行い実際に作成したものに問題が無いかの確認をすることが重要です。動作確認が完了したら、申請と公開をプラットフォームごとに行い公開した後もバージョンアップなどの手直しを少しずつ行っていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *